セフレ出会い系で高校の同級生だった女性と再会

会社帰り、暇つぶしにとセフレ出会い系を見ていたら、どこかで見たような顔の女性の画像を見つけたのです。

セフレ出会い系の画像をじっと見ている内に、高校の時クラスメイトだった女性だという事を思い出しました。

それで私は懐かしくなり、直ぐにセフレ出会い系を通じてこの女性に声を掛けたのです。

会ってみたらやはり高校の時クラスメイトだった女性で、二人で再会を喜び合いました。

彼女とはタダのクラスメイトでしたが、結構かわいかったのでよく覚えていました。

彼女は彼女で何故か私の事をよく覚えてくれていて、高校の時の話で盛り上がったのです。

ココであったのも何かの縁と思い、私たちは連絡先を教え合い、何度も会う仲となりました。

そして何度も何度も会っている内に、私たちは深い仲になって行きました。

それで私は妻がある身でありながら、彼女の肉体関係を持ってしまったのです。

高校を卒業してから大分経っているにもかかわらず、彼女の可愛らしさは変わらず、彼女とセックスが出来る事に喜びを感じました。

私はそんな気持ちを露骨に剥き出しにして、彼女の体を貪り愛したのです。

童顔に似合う小ぶりなおっぱい、申し訳程度にしか生えていないアンダーヘアなど、私の興奮は収まりがつきませんでした。

浮気をしていると言う罪悪感も加わり、私は異常なほど興奮した状態で彼女の中に欲望の全てを吐きだしたのです。

こうして私は、高校のクラスメイトだった女性と、不倫関係となりました。

不倫相手を手に入れた私は、会社から家にまっすぐに帰らずに、彼女を経由して帰る様になりました。

今の私にとって不倫相手は、妻よりも大事な存在となっており、彼女と毎日会わずにはいられないのです。
「埼玉県:30代:男性:会社員」