出会い系サイトで会えた26歳の女の子で童貞卒業

思い返してみると、一度も恋愛をせずに学生生活を送ってきました。

童貞の僕が出会い系サイトを使うまで

かと言って、特に勉強に力を入れていたわけでもないですし、部活に励んでいたわけでもありません。

課外活動に取り組んだこともなければ、習い事をしていたわけでもない。
ホント、今になって思うと、何やってたんだろうなと、後悔してもしきれません。
とはいえ、当時は、そんな自分に全く不満を持っていなかったんですよね。

「なるようになるだろう」みたいな、ある種の楽観的な考えが心を支配しており、周りの友人たちが、勉強やスポーツに取り組んでいる姿を見ても、特に何の焦りも感じずにいました。

それは、恋愛においても同様で、学年のイケてる男子たちが、放課後に彼女と一緒に帰っている姿を見ても・・。

正直、全然うらやましいと思いませんでした。

なんでしょう、「今付き合ったって、結婚するわけでもないし、そんな焦ることもないだろう」みたいな、何とも冷めた考えがあったんですよね。

とまあ、そんな感じで、寂しい(当の本人は全く寂しいと思っていませんが)学生生活を送ってきたわけですが・・。

さすがにこの年(24歳)になると、そんな考え方もどこ吹く風。

女性とあんなことやこんなことをしたい気持ちが常に心を占めています。

街中で、キレイな女性と手を握って歩いているメンズを見ると、どうしようもなく嫉妬心を抱いてしまう自分がいます。

友人に彼女ができると、心から祝福することができない自分がいます。

電車で横にキレイな女性が座るだけで、どうしようもなくドキドキとしてしまう自分がいます。

職場の同僚(女性)に挨拶されるだけで、好きになってしまう自分がいます。

今まで、女性と付き合ったことが無いもんだから、ここへきて、急に発情し始めたんですよね。

でも、これまで述べてきた通り、まともに恋愛をしたことが一度もない僕。
どうアプローチしていいかが全く分かりません。

先ほど、同僚の女性にあいさつをされる云々を述べましたが、その時も、変な対応になってしまいます。

普通に挨拶を返せばいいだけなのに、なんとか会話に発展させようと、必要もない話題を持ち出してしまいます。
結局相手からは、え?みたいなリアクションが帰ってきて、その場は妙な空気に包まれます。

ほんとこの歳になって、何やってんだか。
このままではいつまでたっても女性と付き合うことはかないそうにありません。
そんな折、スマホでエッチなサイトを覗いていると、出会い系サイトの広告が貼られていまして、ちょっと興味を持った僕。

はじめて出会い系サイトへ登録

どうせうまくいかないだろうけど、試しにやってみるか、と軽い気持ちで登録したところ・・。
わずか1週間で女の子と会う運びとなったのです(もちろんリアルで)。

 

26歳女の子との出会い

さて、その女の子ですが、年齢は僕よりも2つ上の26歳。
顔は、まあ、(童貞の僕が言うのもなんですが)、お世辞で”中の中”といったところです。

でも愛嬌たっぷりで、すべてを包み込むような優しさがこの子には備わっています。
あと、身長が結構高くてスタイルはかなりいです。

本人は165センチって言ってますが、170センチの僕と並んでもそん色がありません(もちろんヒールは履いていません)。
なので確実に、170センチはあるでしょうね。
よくよく話を聞いてみると、身長が高いのがコンプレックスだそうで・・。

これを聞いた瞬間、急に気持ちがリラックスできました。
自分も女性と付き合ったことがないというコンプレックスを抱いていましたからね。

お互い、コンプレックスをさらけ出せたことで、距離がぐっと縮まった気がします。

2度目のデートで童貞卒業

さて、その日は特に何もすることなく解散となったのですが、1週間後、遂に僕も大人の男となりました!それにしても、生で女性器を見た時の衝撃は今でも忘れられません。
今までAVの、大きなモザイクで隠れていた部分。

イメージしようにも、知識がないもんだから、常に頭の中ではぼやけたままです。
何度か、夢に出てきたことがありますが、その時も、輪郭がはっきりせず、女性器をイメージすることはできませんでした。
とまあ、そんな夢にまで見た(いや、見てないけど)、女性器ですが・・。

いやあすごいですね。
なんて複雑なんでしょう。

最初見たときは、一体全体、どこに穴があるのか全く分かりませんでした。
恥ずかしながら、お尻の穴と間違えそうになりましたしね。

で、よくよく観察してみると、ちょっと下のほうに何やらポッカリとした穴が見えます。
そこに挿入すると・・。

暖かくて、弾力があって、入り口は狭そうだけど、対称的に中は結構広くて、ちょっと擦るだけで、とてつもない快感が走ってきて・・。
すべてが新鮮で興味津々の僕。

多分、相当興奮してたんでしょうね(いや、焦っていたのかもしれません)。
相手の女性からは「○○君、目がすごい、血走ってる!大丈夫だから落ち着いて。(微笑)」なんて、言われてしまいました。
だって、すごいんだもん。
初めて見たんだもん。

超気持ちいいんだもん。
落ち着いてって言われても、そんなの無理ですよ。

そんなドギマギしている僕を優しく包み込むように迎え入れてくれた彼女。
人生で初めて女性器で果てましたが、そりゃもう、とんでもない気持ちよさでしたよ。

果てた後もとても丁寧な対応で、お口で優しくお掃除してくれた彼女。
完全にメロメロになってしまって、その夜は結局あと2回フィニッシュに至りました。

彼女が初めての相手で本当に良かった。
ありがとう!
神奈川県 20代 男性 薬剤師

セフレ出会い系で高校の同級生だった女性と再会

会社帰り、暇つぶしにとセフレ出会い系を見ていたら、どこかで見たような顔の女性の画像を見つけたのです。

セフレ出会い系の画像をじっと見ている内に、高校の時クラスメイトだった女性だという事を思い出しました。

それで私は懐かしくなり、直ぐにセフレ出会い系を通じてこの女性に声を掛けたのです。

会ってみたらやはり高校の時クラスメイトだった女性で、二人で再会を喜び合いました。

彼女とはタダのクラスメイトでしたが、結構かわいかったのでよく覚えていました。

彼女は彼女で何故か私の事をよく覚えてくれていて、高校の時の話で盛り上がったのです。

ココであったのも何かの縁と思い、私たちは連絡先を教え合い、何度も会う仲となりました。

そして何度も何度も会っている内に、私たちは深い仲になって行きました。

それで私は妻がある身でありながら、彼女の肉体関係を持ってしまったのです。

高校を卒業してから大分経っているにもかかわらず、彼女の可愛らしさは変わらず、彼女とセックスが出来る事に喜びを感じました。

私はそんな気持ちを露骨に剥き出しにして、彼女の体を貪り愛したのです。

童顔に似合う小ぶりなおっぱい、申し訳程度にしか生えていないアンダーヘアなど、私の興奮は収まりがつきませんでした。

浮気をしていると言う罪悪感も加わり、私は異常なほど興奮した状態で彼女の中に欲望の全てを吐きだしたのです。

こうして私は、高校のクラスメイトだった女性と、不倫関係となりました。

不倫相手を手に入れた私は、会社から家にまっすぐに帰らずに、彼女を経由して帰る様になりました。

今の私にとって不倫相手は、妻よりも大事な存在となっており、彼女と毎日会わずにはいられないのです。
「埼玉県:30代:男性:会社員」

人見知りの彼氏だけど何故か愛してしまう

私に2年ぶりの彼氏ができたのは昨年の秋頃でラブラブとまではいかないのですが、何とか交際を続けられています。

私がどうやって2年ぶりの彼氏を作る事ができたのかと説明しますと、インターネットを駆使して彼氏を作ったのです。

もうお分かりだとは思いますが所謂出会いサイトに登録し彼と仲良くなっていったのです。

ちなみに私の方が彼に積極的にアピールをしていき外で会えるようになったので、その時のエピソードを紹介させていただきます。

彼の方が先に出会いサイトに登録をしていて、私は彼の掲示板に書いてあった「クリスマスを1人で過ごしたくないんだ」という文面が気に入り、メッセージを送るようになりました。

最初の頃は返事を書いてくれていた彼もポイントが消費してきて、返事の回数が減ってきたのです。

課金を恐れての事だと思ったので私は自身のアドレスを教え、その後はスマホを通じてメッセージのやり取りを行うようになったのです。

私の気遣いに気付いてくれないのか彼は私のメッセージを無視する事もあり、毎回のようにイライラさせていました。

辛抱を切らした私は「会おう!」というストレートなメッセージを送り、実際に会う事になり公園デートから始めてみました。

会って分かったのは彼は超が付く人見知りでネットを通じても愛想が悪い男性だったのです。

そんな彼と交際はするようになったものの、相変わらずの手応えの無さで本当に私の事を愛してくれているのか分からなくなる時もあります。

ただせっかく出会いサイトで付き合う事ができているので、この縁を無駄にせず彼氏の事を愛していこうと思っています。
【東京都|30代|女性|コンシェルジュ】